徘徊者捜索応援システム

徘徊を地域全体で捜索する仕組みづくりを応援する徘徊者捜索応援システム

システム概要
「徘徊者捜索応援システム」は、近年増え続けている高齢者の徘徊を家族
だけでなく地域全体で見守っていく仕組みづくりをお手伝いするシステムです。
徘徊で行方がわからなくなった時、家族はシステム運営者(運営センター)に
不明者の特徴を伝え、捜索を依頼します。その特徴を捜索に協力していただける地域住民(見守りサポーター)のスマートフォン・携帯電話、パソコンにメールで一斉配信し、地域全体で徘徊事故を無くす取り組みをします。
家族は事前に高齢者の特徴を登録しておくこともできます。
システムの詳細についてはお気軽にお問い合わせください。