通常の連絡網として活用
連絡内容に応じて、選択項目数を選択できます。
<使用例1>選択項目を一つにする事で
開封したかどうかの確認が取れます。
連絡例
「来月の全体ミーティングは8日10時からです。各部署にて必要資料を準備して下さい。」
「明後日は、○○会社よりお客様が来られます。」

このような連絡も、ケータイへの連絡なら一度で全員に伝わり、
開封率も高い!連絡したい時にすぐ書いて送信できます。
また連絡を見ていない人が 確認でき即電話連絡が行えるため、
漏れがありません。

<使用例2>選択項目を複数にすることで
出欠確認がとれます。
選択形式での回答がとれます。

連絡例
「○○についての勉強会を開きます。出欠席の回答を連絡してください。」
「来週の健康診断について。下記いずれかの時間帯を選択して受診してください。
@10時からA14時からB16時から」

<使用例3>選択項目を無しにすることで
連絡のみ送れます。
連絡例
「展示会のパンフレットが届いてます。受付にてご自由にお取りください。」
「健康診断結果が届きました。総務部まで取りに来て下さい。」