企業理念

「こんなのあったらいいね」、「こんなのあったら面白いね」・・・
私達はユニークで役立つソフトを自ら企画し、創造していくそんな企業です。


そこには必ず「生みの苦しみ」は存在しますが、その壁が高ければ高いほど乗り越えた時の喜びは言い表わせないくらい感動です。
「必ず成功する」ことを信じ、これまでの既成概念にとらわれず常に新しい事にチャレンジし続けます。

 



代表挨拶

弊社代表写真

代表取締役社長 都築 邦昭

お蔭さまで令和元年6月より29年目に入ることができました。会社の寿命は30年という説がありますが、若輩者の私たちが此処までこれましたのも皆様方の支えなくしてあり得なかったことと改めて感謝を申し上げる次第です。
振り返りますと『自分が歩んだ足跡を業界に残したい』と意気込んで独立し、若さだけで突進した10年、会社として何とか体をなしたいと模索した10年、そして会社の存続と安定を意識し生き残りをかけた10年が今終盤に差し掛かり、次は次世代へのバトンタッチを準備、完了する10年だと考えております。

何の取柄も力もない30歳の若造が肩肘を張り『絶対諦めない』という気持ちだけで、ただただ前に進む事しか考えず、挫けそうになるたびに『継続は力なり』と歯を食いしばり、また、『このシステムは世の中に絶対必要なはず』と妄想と勘違いを繰返しながら、社員と多くのお客様を巻き込み多大な迷惑やご心配をお掛けしながら走ってまいりました事を思い返すと今更ながら後悔と反省の念でいっぱいであります。

IT業界は進化が激しいため、変化への対応が出来ない会社は消えて行く運命にあります。しかし、どんな世界でも『人の役に立つもの』は必ず残ると信じ、そのサービスをし続ける事こそが最も大切であり必ずや力となり信用になるのだと思っております。

『今は当たり前に使われているサービスはうちが考えた商品なんだ』『あのお年寄りが使っている機器はうちの社員が作ったんよ』世の中に生態系として残せる製品・・・。
自分たちが歩んできた道に足跡を残せる会社、変化に対応できる会社であり続けるために『継続が力なり』『継続こそ力なり』を社内の合言葉としこれからも精進してまいります。

会社としてはまだまだ未熟です。創業時より支えてくれた社員も次世代を担っていく社員も一緒になり創業時の反骨精神を忘れず頑張って参ります。どうか今後ともご支援ご鞭撻を賜りますよう何卒、宜しくお願い申し上げます。

 


本社 エントランス


会社情報

社名株式会社コアシステムズ
代表者都築 邦昭
設立1991年6月18日
資本金2,000万円
事業内容クラウドコンピューティングを活用したシステムの開発
 事務処理系アプリケーションソフト、パッケージソフトの開発及び販売。
 ロボットプログラミング教室の運営
 システムの受託開発
 ネットワークの構築、OA関連商品の販売
従業員数24名(2019年 10月現在)
売上高2018年 5月期:434,896千円
 2019年 5月期:503,968千円

 


本社エントランス2所在地

◆本社   〒721-0973 広島県福山市南蔵王町3-5-10  TEL:084-927-3550 FAX:084-927-3660


JR「山陽本線」東福山駅下車 徒歩30分
高速バス「広尾」停留所下車 徒歩15分
中国バス 深津隧道・ローズタウン経由鋼管病院・鋼管町線「労働会館前」バス停下車 徒歩5分

 

◆東京支店 〒142-0043 東京都品川区二葉2-24-9-302 TEL:03-6426-9631 FAX:03-6426-9630


JR横須賀線「西大井」駅下車


 

本社会議室沿革

1991年   6月:現代表取締役が大手メーカー系販売会社のシステムエンジニアから独立し、株式会社コアシステムズを設立
1994年 10月:宝飾品リフォームシステム「COA SYSTEM」を開発・発表、百貨店をはじめ全国85カ所に設置
1999年   2月:映画館向けの「チケット発券システム」「時間案内表示システム」をパッケージソフトとして日本で初めて開発・発表
2004年 4月:富士通株式会社と直接取引の出来るコアパートナーとして選定される
2004年 11月:携帯電話のメールを活用した学校向けの緊急連絡網システム「ラインネット」を開発・発表
2005年   6月:初めてプライバシーマークを取得。現在まで10年以上継続して運用
2005年 9月:ICタグを活用した登下校管理システム「ラインチェッカー」を開発・発表
2007年   9月:映画館向けシステムをお客様の声や蓄積したノウハウをもとに一新し、「コアシネマプロ」として新たに開発・発表
2009年 1月:企業向け連絡・安否確認システム「ラインネット企業版」を開発・発表
2010年   3月:クリニックの待合室の混雑、患者さんの“待つ”ストレスを解消するシステム、「pittime(ピッタイム)」を開発・発表
2011年   9月:映画館向けチケット自動券売機「smoovie(スムービー)」を開発・発表
2012年 1月:病院スタッフ向け「連絡・安否確認システム」を開発・発表
2012年 12月:いじめや虐待など、“心のSOS”を相談するためのシステム「i@signal(アイシグナル)」を開発・発表
2015年   6月:設立25周年を迎える
2016年 1月:徘徊者の早期発見をサポートする 「徘徊者捜索応援システム」 を開発・発表。
2017年   7月:全国100以上の映画館で導入頂いている映画館向けシステムに新たな機能を追加した、「COA CINEMA Pro II」を発表
2017年 7月:ビーコンを活用した点呼:確認・探索システム「いまどこBeacon」を開発・発表
2018年   4月:飲食店などで問題の【ドタキャン】【無断キャンセル】を防ぐ、「ドタキャン防止システム」を開発・発表
2019年   4月:未来の理系人材を育成することを目的とした、小・中学生対象のロボットプログラミング教室を開校